行政書士

行政書士法に基づく国家資格者。仕事の内容は、官公署へ提出する書類、権利義務や事実証明に関する書類を作る「書類作成業務」、「許認可申請の代理」、そしてクライアントからの相談を受けアドバイスを行う「相談業務」の3つに分類されます。コンサルティングから書類の作成、そして提出代理まで、その持てる知識をフル活用し、トータルサポートしていく、それが行政書士の仕事です。資格取得後は行政書士としての士業はもちろん、書類作成や法務のスペシャリストとして、企業の総務や経理部門などの門戸が開かれるなど、就職や転職に大変有効です。

本試験日程 11月12日(日) 予定
本試験受験料 7,000円 (予定)
全国合格率 2016年度:9.95% 、 2015年度:13.10%、 2014年度:8.27%、 2013年度:10.10%

開講キャンパス 市ヶ谷キャンパス
講座名 行政書士合格講座 Web講義+教室講義
副題 街の身近な法務コンサルタント「行政書士」を目指す!
講座概要 コンサルティングから書類の作成、そして提出代理まで、その持てる知識をフル活用し、トータルサポートしていく。それが行政書士の仕事です。
当講座は、資格の学校TACで実際に使用されているWeb講義と、TAC講師による教室講義をミックスした講座です。
主にWeb講義で学習を進め、教室講義で重要論点のポイント講義を行います。また、科目別の答練や総合答練も含まれているため、学習してきた内容の定着度も確認することができます。さらに、大学内で本番さながらの模試も受講することができますので、自然に合格レベルに到達することが出来ます。Web講義・教室講義どちらも法律を始めて学習される方でも理解できるようにわかりやすく行いますので、安心して講義に臨むことが可能です。
募集人員 30名 (最少催行人数 12名)
受講料 60,000円
テキスト・教材 基本テキスト6科目、トレーニング6科目、ミニテスト、科目別答練、 総合答練①②、直前答練①②、公開模試(すべて内部教材)

テキスト代は受講料に含まれます。
講師 資格の学校TAC 行政書士講座講師
その他 ・10月7日(土)実施の公開模試を大学内の教室で受験できます(無料)。
・受験料は講座受講料には含まれません。講座内で願書の配布のみ行います。
申込期間 4月7日~14日
開講期間 4月24日~10月2日     日程表
回数・曜日 週1回 全 23 回 毎週 月 曜日
開講時間 18:40 ~ 21:10 (春・秋学期)  14:00 ~ 16:30 (夏期)

開講キャンパス 多摩キャンパス
講座名 行政書士合格講座 Web講義
副題 「資格の学校TAC」のWeb通信講座を受講
講座概要 コンサルティングから書類の作成、そして提出代理まで、その持てる知識をフル活用し、トータルサポートしていく。それが行政書士の仕事です。
当講座は、資格の学校TACで実際に使用されているWebで学習します。合格に必要な講義(インプット)、演習(アウトプット)が一体化されているので、他の教材や市販書籍を購入しなくても、自然と合格レベルに到達することが可能です。
法律を始めて学習される方でも理解できるようにわかりやすく行いますので、安心して講義に臨むことが可能です。また、パソコンはもちろんですが、スマートフォンやタブレット端末でも講義を視聴することができますので、通学途中や授業と授業の合間などでも受講することが可能です。
募集人員 5名(※市ヶ谷キャンパスの講座が開講された場合のみ募集します。4月18日以降エクステンション・カレッジHPをご覧下さい)
多摩開講が決定しました。4月18日より申込を受け付けます。
申込期間 4月18日~4月24日
受講料 30,000円 (多摩キャンパスの学生のみ申込可)
テキスト・教材 基本テキスト6科目、トレーニング6科目、ミニテスト、科目別答練、 総合答練①②、直前答練①②、公開模試(すべて内部教材)

テキスト代は受講料に含まれます。
その他 10月7日(土)実施の公開模試を大学内の教室(市ヶ谷)で受験できます(無料)。
Web講義内容 1回 2.5時間 全 64回

【基本講義】
憲法 8回、民法 16回、行政法 15回、文章理解 2回、政治経済・情報等 6回、商法・基礎法学 6回
【科目別答練】
憲法 1回、民法 2回、行政法 2回、文章理解 1回、商法・基礎法学 1回
【答練】
総合答練 解説講義 2回、予想答練 解説講義 2回
※パソコン等の動作環境はhttps://portal.tac-school.co.jpでご確認下さい。
申込期間 4月7日~24日
開講期間 4月24日~11月30日