合格者の声

行政書士合格講座

法学部4年 Oさん
経営学部1年 Iさん

宅地建物取引主任者資格合格講座

法学部2年 Mさん
法学部4年 Sさん
経営学部3年 Wさん

秘書検定準1級・2級合格講座

国際文化学部3年 RUIさん
文学部3年 Tさん

経営学部1年 Kさん

旅行業務取扱管理者講座

経営学部4年 Sさん
国際文化学部3年 Sさん
文学部1年 Uさん


法学部4年 Oさん(行政書士合格講座)

  受講で使ったテキストは、内容が濃く、細かいところまで記載されていると感じました。以前通信教材を使って、行政書士試験に向けて勉強をしていました。その教材に比べると今回の受講で使ったテキストは通信教材に載っていなかったような内容まで詳しく載っており、自分の勉強不足を実感しました。講義については、本番の試験で出題が予想されるところについては、繰り返し講義で言っていただいたので、効率的に勉強できました。法律のテキストを読み込むだけではなかなか頭に入ってこないような内容でも、簡単な言葉で教えてもらうことができて、記憶に残りやすかったです。さらに、法律改正についての情報も教えていただけたので、法律が日々変わっていく早さというものも実感することができました。この受講を通じて、行政書士試験対策だけでなく、今後も法律を勉強していきたいという興味を培うことができて非常によかったと感じています。


経営学部1年 Iさん(行政書士合格講座)

  僕がこの講座を受けてから、本格的に試験勉強を始めたのは、春学期が終わった7月からでした。夏休み中も、サークル等があって講座に出られないことも多かったのですが、この講座には休んだ時のためのWeb講座が付いていて、休んだ時や復習にとても便利でした。
特に、試験で大切な行政法・民法分野は、試験直前まで繰り返し見て勉強しました。
また、この講座は、大学の試験期間に合わせて休みになるので、大学の勉強と両立することができて良かったです。ただ、自分の勉強を振り返ってみると、もう少し早く本格的な勉強のスタートをするべきだったと思います。できることなら授業にはできる限り出て、授業の進度に合わせて予習・復習をしておけば、もっと余裕を持って試験に臨めたと思います。講座でお世話になったTACの先生方にはとても感謝しています。
  行政書士の試験はしっかりと勉強をすれば合格できる試験です。これから受験しようと思っている人はぜひ頑張ってください。


法学部法律学科2年 Mさん(宅地建物取引主任者資格合格講座)

 私は、6ヶ月間この講座で勉強をして合格をすることができました。講座以外には教材は使いませんでした。授業の内容はわかりやすかったです。先生に質問をして解らないところは解決しました。民法に関しては、一年生の時の授業がかなり役に立ちました。法学部はかなり有利だと思います。試験勉強は基本的に予習をしませんでした。とくに復習中心です。時間をかけて勉強をしたのは一か月前くらいからでした。学校のテストなどと両立するために、時間をだらだらかけるのではなく、なるべく自分にとって効果的な方法をとろうと意識しました。方法は簡単です。毎回受講する。出されたプリントを帰りの電車でとく(覚えているうちに理解できているか確認)。教材の過去問のやった範囲をとく。これを次の授業までに終わらせるだけです。ポイントは必ずやって習慣化することだと思います。最初はずっと講義が多いので問題練習を多くしました。最後の一か月は模試などが多いので教科書の復習をしました。講座で無理なく勉強リズムが整ったのでとても助かりました。ありがとうございます。


法学部政治学科4年 Sさん(宅地建物取引主任者資格合格講座)

  私は今年の5月から10月まで法政エクステンションカレッジのTAC宅地建物取引主任者合格講座を受講していました。きっかけは友達が以前受講していたので、私もこの資格をとる際に活用したいと思い受講させていただきました。宅建に関して何も知識がない私にとってこの講座は本当に役立ちました。基礎から丁寧に教えてくださり、その上で大事なところを重点的に勉強したり、短期間で身になる授業を受けられたと思っています。教材もとても充実していて、分野ごとに分かれている教科書や、過去の問題を集めた問題集、詳しい解説など、満足できるものばかりでした。答練や模試も定期的に行うので、その時点での自分のレベルが分かってその後の勉強のペースも作りやすかったです。なにより先生が毎回細かい質問にも答えてくださったので、すごく助かりました。そして無事合格することができ、この講座に関わっている全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


経営学部3年 Wさん(宅地建物取引主任者資格合格講座)

  私は、友人に誘われたことがきっかけで、エクステンション・カレッジの宅建講座を受講しました。
友人と一緒に一番前の席で受講していましたが、夏に出られない時が多く、知識の量が不足していたのと、予習復習を一切していなかったことが問題でした。
  模試の点数も低かったのですが、それでも講師の方に励ましていただいたり、勉強の相談をしました。
  私は、弱い人間なので勉強をさぼってしまったり、寝坊することがあります。本格的に勉強を始めたのも1カ月前からで、1度も合格点を超えたことはありません。
  あきらめそうになった時、講師の方に「今まで受講生見てきたけど、1度も模試で合格点いかなくても受かった人はたくさんいるからあきらめないで最後までやってみなよ。」と言われ、最後の2週間は毎日8時間以上勉強しました。
  つらくても最後まであきらめなければ、絶対に受かる、そういう試験だと思いました。
計画を立てて勉強することも大事ですが、まずやってみる、講座を受講してみる。そんなことが大切なんだと講座を受講してみて思いました。


国際文化学部3年 RUIさん(秘書検定準1級・2級合格講座)

 三年生の春、就職活動の準備を始めたいと思い、キャリアセンターに相談に行きました。そこで勧められたのが「秘書検定準一級」です。秘書検定は準一級から面接試験もあり、合格率もかなり低くなるので資格を持っていると自信に繋がるとのことでした。
  実際に受講して勉強を始めてみると、普段の学生生活では触れることもない難しい単語や秘書としての心構え、文章の書き方などを覚えることがとても大変でした。しかし、一日四時間の長い授業も、充実した内容で飽きることなく受けることが出来ました。また毎回小テストや復習を行う時間があったので、自分の理解度を確認でき、分からないところを残さず勉強を進めることが出来ました。初めは資格取得のために始めた講座ですが、先生の立ち振る舞いや話し方に品があり同じ女性として憧れを抱き、勉強を進めていくうちに秘書という仕事にも魅力を感じ始めました。女性として知っておくべき知識を学べるので、秘書という仕事に興味がない方にもこの資格はお勧めしたいと思います。


文学部日本文学科3年 Tさん(秘書検定準1級・2級合格講座)

  私は、最初は独学で学ぼうと考えていました。しかし、買ってみた参考書の膨大な量をみて、講座を受講することを決めました。この講座の良かったところは、独自のテキストやプリントを、たくさん配布してくれたところです。そのテキストやプリントを見れば、秘書検定に必要な知識を得ることができ、いちいち市販の参考書から必要なページを探す手間もなく、着実に検定の対策が出来ました。また、毎週課題がでたので、サボることもなく日々勉強する癖もつきました。土曜日のお昼に開講されていたのも有難かったです。平日の夜に開講されていたら続いていなかったかもしれません。講師の方もとても親切で、講座中も声をかけてきてくれたし、課題にコメントを入れたりしてくれたので、そのおかげもあって楽しく受講することが出来ました。筆記講座でしたが、面接試験の話や、対策の話もたくさんあり、筆記試験後の面接試験の練習も一緒にできたのでよかったです。


経営学部1年 Kさん(秘書検定準1級・2級合格講座)

  秘書検定講座を受けてよかった。秘書検定試験を受け終えた今、私はそう思います。面接試験では緊張しましたがよい経験になりました。講座を受けようと思ったきっかけはたくさんありますが、社会人になる時に必要なマナーを身に付けられるということが一番の動機です。最初は週1回だけだと軽く考えていましたが、言葉遣い以外に、経営に関する知識なども必要で、覚える事がとても多く想像していたよりも大変でした。しかし、先生がまとめてくださったプリントに助けられ、先生の体験談を伺うこともでき、とても役立つ授業でした。講座で学んだ知識は、大学の授業やアルバイトでのお客様対応などに役立っています。日常的によく使う敬語を間違った使い方をしていることに気づかせてくれたことには感謝しています。最初はマナーを身に付けたいがために受けた検定でしたが、今では秘書という大変だけれどもやりがいの感じるお仕事に興味を持っています。


経営学部市場経営学科4年 Sさん(旅行業務取扱管理者講座)

  私は、就職を予定している企業での業務に役立てようと旅行業務取扱管理者講座を受講しました。5か月間の受講期間では、毎週遅くまでの授業に加え、夏休みは施設を借りての12時間授業、模試やその補講など、「勉強漬け」の日々でした。そのような辛い学習を乗り越え合格することが出来たのは、小笠原先生をはじめたくさんのトラベル&コンダクターカレッジの先生方、スタッフの方々のお蔭でした。先生方は学生一人ひとりの名前を覚え、いつ質問をしても丁寧に答えてくださり、学習の助言も頂きました。また、何度も授業の振替受講をさせてくださったり、常にカレッジの教室を開放していたりと、私達が勉強しやすいように環境を整えてくださいました。試験前日に一日中カレッジで勉強したこと、当日、試験会場前で先生方から激励の言葉を頂いたことなど強く覚えています。たくさんの方々の力で合格することが出来ました。本当にありがとうございました。
 これから受講する皆様、努力は自信につながります。トラコンの先生方を信じ、頑張ってください。


国際文化学部国際文化学科3年 Sさん(旅行業務取扱管理者講座)

  私は旅行業界に就職したいと考えており、就職活動の際にこの資格を持っていれば有利になると思い受講することを決めました。講座の時間や頻度はこの資格を取得するためには適していたと思います。学内で授業を受けた後にこの講座を受けられることができ、上手く時間を使うことができたのも合格に繋がったと思います。他にも、同じ大学の人と一緒に受けることでモチベーションも上がり、負けないようにと頑張る源になりました。
  この資格を取得できたことに関して一番感謝しているのはトラベルアンドコンダクターカレッジの方々です。熱心に指導して頂き、授業の内容も面白く、楽しく学ぶことが出来ました。夏休み中の集中講座や自習の際も新宿の学校を開放して頂いたりと、細かいところまでサポートがありました。講座終了後も、就職支援や他の資格の取得のためにもトラベルアンドコンダクターカレッジを利用しています。この講座を通して、このような人々と出会うことが出来て良かったです。ありがとうございました。是非今後もトラベルアンドコンダクターカレッジとエクステンションカレッジが繋がっていて欲しいと思います。
  今後、この資格を活かして就職活動を頑張っていきたいと思います。
  受講している時に、講座を受けたかったけれど、存在を知らなかった人もいたのでもう少し宣伝をしても良いのではないかと思いました。素晴らしい講座なので多くの人に受講してもらいたいです。   


文学部地理学科1年 Uさん(旅行業務取扱管理者講座)

  私がこの講座を受講して一番良かったと思うのは、分かりやすいトラコン独自のテキストと授業です。それぞれの科目ごとに特化した専任の講師がいて、丁寧に説明をしてくれました。
  学校で行なう講座の他に、参宮橋のオリンピックセンターで行なわれる特別演習という朝から晩まで問題を解きまくる行事が夏休みにあります。その時に配られるプリントがとてもよく出来ていて、一気に実力が上がります。
  さらに試験前には直前対策があり、そこで全部の科目の総確認をし、国家試験に挑みます。
  また、地理博士という国内の地理や海外の地理に関しての問題を一日一問程度メールで配信してくれ、地道に力を付けていきます。
  国家試験を受けるまでに、3回程本番に近い内容の模擬試験を受けさせてくれます。そこで自分の実力が分かり、点数がよかったら自信に繋がり、悪かったら不安を覚えもっと頑張ろうという気持ちになります。
  このようにこの講座を受けたおかげで合格率が1~2割の国家試験に合格できました。この講座を受講してよかったと思います。